ばけのかわの中から

ポケモンとかスプラとか

【S4】ヨガサメハダー(最高1946)

 こんにちは、Ganguroです。今回はシーズン途中まで使っていた構築を紹介したいと思います。

 今シーズンもチルタリスナイトは解禁されなかったので軸となるメガシンカポケモンを探していたところ、あるフォロワーさんがメガチャーレムが解禁されてうれしそうだったため自分も使ってみることにしました。

【パーティ紹介】

      f:id:ganguro0130:20170717113744p:plain

【個別紹介】

採用を決めた順に紹介したいと思います。

チャーレムチャーレムナイト

特性:ヨガパワー 性格:ようき

実数値:135-112(252)-95-*-96(4)-145(252)

技構成:とびひざげり/しねんのずつき/バレットパンチ/ねこだまし

 今回のエース。ASぶっぱ。技構成は特に変わったところはなくタイプ一致最高打点の膝と思念、襷つぶし兼火力の上乗せができるねこだまし、対ミミッキュ等で便利なバレットパンチといった感じ。現環境はエスパー技を鋼タイプや悪タイプで受けてくることが多いのでそこに格闘で抜群をとれるのはいいのですが、メインウェポンの命中が低い、耐久と耐性がない、素早さもそこそこといったところで非常に動かしづらく感じました。

 

カバルドンゴツゴツメット

特性:すなおこし 性格:わんぱく

実数値:215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67

技構成:じしん/ステルスロック/ふきとばし/なまける

 物理受け兼ステロまき兼見た目電気の一貫も切れる枠。努力値メガバシャーモを受けるためにHBぶっぱ。技構成は回復技のなまけるは確定で、チャーレムの足りない火力を補うステロ、攻撃技のじしんをいれて、残った一枠をあくびにするか吹き飛ばしにするかで悩んでいたんですが、浮いてるみがわり持ちに起点にされるといやなので吹き飛ばしにしました。チャーレムが対面で殴り勝てる相手はそう多くないのでしっかりとした引き先が必要と思い採用しました。ステロをあくびに変えればもうちょっと対面操作がしやすくなっていいかなと思います。僕はステロを忘れさせるのがもったいなくてできませんでした。

 

ヒートロトム@マゴのみ

特性:ふゆう 性格:ひかえめ

実数値:157(252)-*-127-165(198)-127-114(60)

技構成:オーバーヒート/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/どくどく

 調整は6世代にいたやつをそのまま持ってきたのでわかりません。高耐久を崩すためのどくどく、構築上何度も後出しをすると思ったので2分の1回復木の実を持たせた形になります。チャーレムを使う上で大切だと思っている後攻ボルチェン役として採用しました。コンセプト上一回相手の攻撃を受けてから動かなければいけないので急所や不意のZ技に崩されることがよくありましたがそれを含めてもよく頑張ってくれてたと思います。

 

ミミッキュ@ゴーストZ

特性:ばけのかわ 性格:いじっぱり

実数値:151(164)-154(236)-104(30)-*-126(4)-125(72)

技構成:じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい

 ここまででZ枠がいなかったのでクレセリアギルガルドなどチャーレムが厳しい相手に出していけるポケモンとして採用しました。調整はせつないさんのブログを参考にしました。ストッパーにもなり抜いていくこともできるえらいポケモン。耐久に振ったことによりさらに安定して行動できる点がすごい使いやすかったです。

 

テッカグヤ@たべのこし

特性:ビーストブースト 性格:おくびょう

実数値:173(4)-*-124(4)-165(220)-125(28)-124(252)

技構成:エアスラッシュ/やどりぎのタネ/ボディパージ/みがわり

 調整はSぶっぱにダウンロード対策をして残りをCに振った感じ。技構成は特に変わったところはなくボディパを入れたやどみが型。いろいろごまかせそうな枠として採用しましました。受けだしてきたバシャに勝ったり、耐久型にやどみがで勝ったり、Sを上げて上からエアスラひるみで勝ったりと活躍はしてくれましたがこのパーティで使うならもう少し耐久に振ったほうが強かったかなといった印象です。

 

サメハダー@サメハダナイト

特性:かそく 性格:いじっぱり

実数値:145-189(252)-60-*-61(4)-147(252)

技構成:かみくだく/みちづれ/みがわり/まもる

 いつものポケモン。個人的にメガ1Z1のパーティが使いづらかったのとパーティに早いポケモンがいなかったので入ってきました。チャーレムが苦手そうな相手に対して強いのと両メガ選出をしてもそれなりに動けることから使いづらさはあんまりなかったです。メガだとあまりみちづれが読まれないことから1:2交換をよくしてくれてました。

 

       f:id:ganguro0130:20170718173201j:plain

 【まとめ】

  今シーズンは早めに1900に乗せられたので2000に行くことができるかなと思っていましたが、一回崩れた後に取り戻すことができず最終は1600台という残念な結果になってしまいました。初めてチャーレムを使ってみた感想としてはとにかく技が当たらなくて荒れてました。膝の命中率は6割くらいだったと思います。耐久に回してトリルなどを絡めてもおもしろそうだと思いました。構築としてはサイクルなのか展開なのかをはっきりさせなかったところがあまり良くなかったかなと思いました。使い慣れてるポケモンを使うことである程度のカバーができることに気付けたのはよかったです。

 来シーズンはやっとチルタリスナイトが解禁されそうなんですが、同時にスプラトゥーン2も発売されるのでそっちを優先すると思います。ただ目標の2000をまだ達成してないのでポケモンは続けていきたいなと思っています。ここまで見てくださってありがとうございました。

 

 

【SMシーズン3】ファクトリーオフ†1-8†&S3使用構築(最高最終1917)

 こんにちは、Ganguroです。シーズン3お疲れ様でした。今シーズンもシーズン1,2と同様にメガサメハダーを主軸にしたパーティで潜ってました。また、5/4にあったファクトリーオフのシングル大会にもでましたが結果は見出しの通りなのであくまでメモ程度の記事になると思います。

【パーティ紹介】

 ・ファクトリーオフ

    f:id:ganguro0130:20170516201058p:plain

 ・レート

    f:id:ganguro0130:20170516201712p:plain

  シーズン1で使ったどくびしやシーズン2の呪いミミッキュなどの削りからサメハダーを通せるようなパーティを考えました。

【個別紹介】

サメハダー@サメハダナイト

特性:かそく 性格:いじっぱり

実数値:145-189(252)-60-*-61(4)-147(252)

技構成:かみくだく/みちづれ/みがわり/まもる

 前回とは違いみちづれ入りワンウェポンで使ってました。慣れるまでは動かすのがすごく難しかったですが、みちづれは読まれにくく無理やり相手を突破して残りで詰めていく戦い方ができたのでとてもよかったです。最終日近く特殊ボーマンダがふえてパーティ全体でつらかったので氷技をいれたかったんですが、どの技も役割があり抜ける技がなかったので変えられませんでした。

ミミッキュ@ゴーストZ

特性:ばけのかわ 性格:ようき

実数値:145(116)-125(116)-103(20)-*-126(4)-162(252)

技構成:シャドークロー/のろい/みがわり/いたみわけ

 サメハダーと相性がいい呪い身代わりミミッキュ。低速サイクル系には初手で出してHPを削りとっていってました。どくびしと合わせるので痛み分けよりもまもるのほうがいいかなと思ったんですが単純にHPを削りつつ回復できるほうが腐りにくく使いやすかったです。

カバルドンゴツゴツメット→オボンのみ

特性:すなおこし 性格:わんぱく

実数値:215(252)-132-163(84)-*-114(174)-67

技構成:じしん/ステルスロック/ふきとばし/あくび

 物理受け兼ステロ撒き。ファクトリーオフではガルーラ等の物理ポケモンを削るためのゴツメで使っていましたが、思っていたよりガルーラの数が少なかったことや特殊ボーマンダが増えたことからオボンのみに変えました。これにより特殊技を二回耐えてステロあくび展開に持ち込めたのでよかったと思います。終盤浮いている挑発持ちが増えていて動きづらいことが多かったです。

ウツロイド@クサZ→こだわりスカーフ

特性:ビーストブースト 性格:おくびょう

実数値:185(4)-*-67-179(252)-151-170(252)

技構成:ヘドロウェーブ/パワージェム/くさむすび/どくびし

 どくびし要員。ファクトリーオフではカバ対策にクサZを仕込ませたのですが打った回数は1回でしかも耐えられたので対策になっていないことがわかりスカーフを持たせました。有利対面を作った時の流し性能が高いのと、クッション役のカバやカグヤと相性が良いのでこだわりどくびしは特に使いづらい印象はなかったです。

テッカグヤ@たべのこし

特性:ビーストブースト 性格:おくびょう

実数値:203(244)-*-123-127-124(20)-123(244)

技構成:エアスラッシュ/やどりぎのタネ/みがわり/まもる

 今回のパーティのMVP。パーティ全体で重かったキノガッサを見るために投入したポケモン。どくびしとの相性はもちろんのこと、どくびしがない状態でもはめられる性能の高さがよかったです。命中安定技がないのが唯一の不安点でしたがそれ以上の活躍を見せてくれたポケモンでした。

カプ・テテフこだわりスカーフ (ファクトリーオフ)

特性:サイコメイカー 性格:ひかえめ

実数値:145-*-95-200(252)-136(4)-147(252)

技構成:サイコキネシス/ムーンフォース/サイコショック/シャドーボール

 ファクトリーオフでは使用する構築が前日まで決まらず(主にスプラトゥーンやマリオカート8DXのせい)、なんとなく前のシーズン使ってた並びをそのまま持ってきたものの明確な敵が決まってなかったのであまり選出できなかったです。スカーフがウツロイドにとられたことでパーティから抜けていきました。

カミツルギ@ノーマルZ (レート)

特性:ビーストブースト 性格:ようき

実数値:131(4)-233(252)-151-*-51-177(252)

技構成:リーフブレード/せいなるつるぎ/ギガインパクト/つるぎのまい

 抜けたテテフに代わり入ってきたポケモン。呪いミミッキュ一匹だけZを持つのはパーティ的に弱いと考え、ステロ展開からつなげられるZ持ちとして採用しました。ノーマルZはリザYなどの相手にはこちらから有効打のないようにみえるポケモンを対面から落とすのに使ってました。つじぎりを切ったことによりギルガルドに有効打がなくなりましたが、サメハダーギルガルドに対して強いので気になりませんでした。

 

主な選出

ミミッキュorカミツルギ+サメハダー+カバルドンorテッカグヤ

ウツロイド+サメハダー+カバルドンorテッカグヤorミミッキュ

 

f:id:ganguro0130:20170517042807p:plain

QR貼っておきます

3ds.pokemon-gl.com

【まとめ】

 ファクトリーオフでは前日まで使用する構築を考えておらず、即席でパーティを組んでいったところ1勝しかできないという何ともふがいない結果でしたが、オフでつらかったところを改善したことでそこそこ戦えるパーティになりました。まあ目標の2000にはまだまだ遠いのでこれからも頑張っていきたいです。

チルタリスナイトまだかなー

 

 

【S2】ミミテテフサメハダー(最高1850くらい)

 こんにちは、Ganguroです。S2お疲れ様でした。今シーズンはなかなか勝てず、また回線切れも多くあまりいい結果が残せませんでした。

f:id:ganguro0130:20170321084251p:plain

【パーティ紹介】

     f:id:ganguro0130:20170321084302p:plain

 前シーズン使っててそこそこよかったミミッキュカプ・テテフの削りからメガサメハダーを通すことを軸にパーティを考えました。

 

サメハダー@サメハダナイト

特性:かそく 性格:やんちゃ

実数値:145-187(236)-60-118(20)-54-147(252)

かみくだく/じしん/れいとうビーム/まもる

 

 この構築のエース。氷タイプの技を打ちたい相手には氷のキバよりも冷凍ビームのほうが通ることから今回は両刀で使ってました。

 

ミミッキュ@フェアリーZ

特性:ばけのかわ 性格:ようき

実数値:131(4)-142(252)-100-*-125-162(252)

じゃれつく/みがわり/のろい/いたみわけ

 

 軸のうちの一匹。呪いみがいたみわけの削り性能がサメハダーと相性がとてもよさそうだったので採用しました。相手のパーティを一匹で半壊させることもあり強かったです。

 

カプ・テテフこだわりスカーフ

特性:サイコメイカー 性格:ひかえめ

実数値:145-*-95-200(252)-136(4)-147(252)

ムーンフォース/サイコキネシス/サイコショック/めざめるパワー炎

 

 特性で先制技を封じ単純な素早さ勝負にすることができるのでスカーフで使ってました。ウルガモスに勝つためのサイコショック、相手のテテフはサメハダーでほぼ見れていたのでシャドーボールじゃなくてめざパを入れてました。

 

カバルドンゴツゴツメット

特性:すなおこし 性格:わんぱく

実数値:215(252)-132-163(84)-*-114(174)-67

じしん/ステルスロック/あくび/なまける

 

 全抜きをサポートするためのステロ枠兼物理受け枠。調整は6世代の時に使ってたものをそのまま使ってましたが、HBでよかったと思います。

 

カミツルギ@アクZ

特性:ビーストブースト 性格:ようき

実数値:135(4)-233(252)-151-*-51-177(252)

リーフブレード/せいなるつるぎ/つじぎり/つるぎのまい

 

 サメハダーが勝てないフェアリーを相手するポケモン。スマートホーンよりも聖剣と辻斬りのほうがほしかったのでこの技構成になりました。ステロとの相性も良く出した試合では活躍してくれました。

 

ガルーラ@ガルーラナイト

特性:きもったま 性格:ようき

実数値:181(4)-147(252)-100-*-100-156(252)

すてみタックル/じしん/ふいうち/ねこだまし

 

 呪いミミッキュと相性がよさそうなガルーラ。テテフとは少し相性が悪かったので一緒に出す時は気を付けてました。この枠があまりしっくりきてなかったのでもっといいポケモンを見つけていれば勝てていたかもしれないです。

 

【まとめ】

 サメハダーが通る相手には勝てていたが、逆に通らない相手には裏のポケモンでも勝てないことが多くそこが改善するべき点だと思いました。軸は強いと思うのでもう少し考えて今度は結果を残せるように頑張りたいと思います。

 

【SMシーズン1】サメハロイド(最高1958)

シーズン1お疲れさまでした。今回は使えるポケモンが限られていてチルタリスが使えないことから最初はアローラ統一で戦っていたんですが、やっぱりメガポケモンがいないのは辛いということで同じホウエン地方のメガ進化であるサメハダーを使ってました。ネットでどくびし+サメハダーの記事を見つけたのでそれをベースにして自分で考えたのですが、1950超えたあたりから一切勝てなくなったので構築としてはあんまりだったかなと思います。なので構築紹介と言うよりは自分の反省のための記事です。

f:id:ganguro0130:20170118034429j:plain

サメハダー@メガ石
特性:かそく
性格:いじっぱり
実数値:147(12)-180(188)-61(4)-*-67(52)-147(252)
技構成:かみくだく じしん こおりのキバ まもる

今回の構築のエース。Sをあげたあとのかみくだくの通りがすごい良くてよく3タテしてました。じしんがあることでコケコやルカリオなどにも強く出れて良かったです。火力があると言っても物理受けには止められてしまうのでそこをなんとかしなければいけませんでした。化けの皮を剥がした状態のミミッキュかみくだくをミリで耐えられることがよくあったのでもう少しAに振るべきだと思いました。

ウツロイド@きあいのタスキ
特性:ビーストブースト
性格:おくびょう
実数値:185(4)-*-67-179(252)-151-170(252)
技構成:ヘドロウェーブ クリアスモッグ ステルスロック どくびし

どくびし兼ステロまき要員。無難に強かったです。初手に投げてヘドウェ連打してるだけで勝った試合もいくつかありました。クリアスモッグは対面で舞ってくるギャラやマンダ、壁はりからのイーブイバトン構築にすごい刺さってました。毒技しかないので鋼タイプに何もできないのがつらいですが抜くわざがなかったのでしょうがないかなといった感じです。

ウインディ@たべのこし
特性:いかく
性格:おくびょう
実数値:197(252)-*-100-120-101(4)-161(252)
技構成:かえんほうしゃ みがわり おにび まもる

みがまも要員。前述のウツロイドが鋼に対して何もできないので採用しました。メタグロスルカリオ以外の鋼にはすごく強かったのでよかったと思います。まもみがしてれば毒の入ったポリ2やレヒレにも勝てます。レヒレはどくびしで毒が入ってからミストフィールドを展開するので毒が入らなくてつらかったっていうのはありませんでした。一回だけリフレッシュ持ちのレヒレにあたって毒を治されて負けた事がありました。また、物理に対してもいかく+おにびで強引に受けることができるのもいいところだと思います。かえんほうしゃとみがわりとまもるのPPは最大まで増やしておきましょう。(途中まで増やしてなくてまもみがしてれば勝てる試合をいくつか落としてました)

ポリゴン2@しんかのきせき
特性:トレース
性格:ずぶとい
実数値:191(244)-*-156(252)-125-115-82(12)
技構成:れいとうビーム 10まんボルト どくどく じこさいせい

ここまででスカーフ持ちの地面がつらかったので物理受けとして入れました。イカサマが使えないので前より起点にはなりやすくなってしまいましたが、大体の物理アタッカーに後出しできる安心感はとても良かったです。

ミミッキュ@ゴーストZ
特性:ばけのかわ
性格:いじっぱり
実数値:131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)
技構成:じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい

強いポケモン。化けの皮を盾につるぎのまいを積んで殴ることしかできませんがそれが単純に強かったです。じゃれつくのはずしが怖かったのでフェアリーZにするか迷いましたが、一貫の取れるほうが強いと思ったのでゴーストZで使ってました。

カプ・テテフ@こだわりスカーフ
特性:サイコメイカー
性格:ひかえめ
実数値:145-*-95-200(252)-136(4)-147(252)
技構成:サイコキネシス ムーンフォース 10まんボルト めざめるパワー炎

サイコフィールドがサメハダーと相性がいいかなと思って入れてました。実際相手のテテフを倒してそのまま先制技で縛られずに勝つみたいな試合があったので相性はいいと思います。鋼タイプがいないパーティにはステロ撒いてサイキネ連打してるだけで勝てるのが強かったです。

選出はウツロイドサメハダー@1がほとんどでした<まとめ>

反省としては所々でミスをして勝てる試合を落としてることが多く、自分の実力不足を改めて感じたシーズンでした。また構築もルカリオ+スカーフガブリアスなど何かと何かの組み合わせで出されたら突破するのがつらいことが多かったのも事実です。
環境が新しくなっていろいろ初めてのことが多くとても楽しいシーズンでした。これからもっと新しい環境に慣れてまずは目標のレート2000にいけたらいいなと思います。

S17 最高1861 チルタリスタン

S17おつかれさまでしたー!このシーズンが一応oras中の最終シーズンということで普段はスプラトゥーンばっかりやってる自分ですが久しぶりにレート2000越え目指そうと頑張ってました。
結果は最高1861最終1741と記事に残す価値もなさそうな成績ですが、せっかくブログをつくったのに記事を1個も書かないのはもったいない気がしたのでパーティの記録も兼ねて少しだけ構築記事を書こうかなと思います。
f:id:ganguro0130:20160914000615p:plain

【パーティ紹介】
チルタリスチルタリスナイト
性格:ひかえめ 特性:ノーてんき
182(252)-*-114(28)-116(124)-138(100)-101(4)
ハイパーボイス/だいもんじ/いやしのすず/はねやすめ

ナットレイゴツゴツメット
性格:のんき 特性:てつのトゲ
181(252)-122(60)-193(196)-*-136-22
ジャイロボール/タネマシンガン/ステルスロック/でんじは

ファイアロー@あおぞらプレート
性格:いじっぱり 特性:はやてのつばさ
183(236)-121(68)-97(44)-*-99(76)-157(84)
ブレイブバード/ちょうはつ/おにび/はねやすめ

ポリゴン2しんかのきせき
性格:なまいき 特性:ダウンロード
191(244)-100-119(68)-125-154(196)-72
からげんき/れいとうビーム/ほうでん/じこさいせい

ゲンガー@ゲンガナイト
性格:おくびょう 特性:ふゆう
165(236)-*-82(12)-151(4)-96(4)-178(252)
たたりめ/ヘドロばくだん/おにび/みちづれ

スイクン@カゴのみ
性格:ずぶとい 特性:プレッシャー
205(236)-*-154(38)-122(92)-136(4)-123(140)
ねっとう/めいそう/ほえる/ねむる

【個別紹介】
チルタリス:相棒枠。自分が使うパーティには大体入っているヤツ。調整は違う人のブログから借りてきたもの。B方面は陽気ガブのじしん2耐え、D方面は珠化身ボルトのめざ氷2耐えぐらいだったはず。いやしのすずとどくどくで迷った結果ナットレイのやけどとスイクンの眠りを解除できるいやしのすずにしましたが、ポリゴン2の状態異常も解除してしまうので一長一短。普段物理アタッカーよりのチルタリスを使ってたので特殊型を使いこなせなかったです。ナットレイが流行っていたので中々に活躍してた気がします。交代読みだいもんじを外したり、5試合連続で有効急所を引くなどいつも通り自覚がなかったです。

ナットレイ:チルタリスの相棒枠。調整はガブをジャイロで確2取れるくらいにAにふって、残りをHBにふったよくあるやつ。草技がタネマシンガンなのは命中と相手に接触したくなかったから。ステルスロックチルタリスと組むなら絶対に必要だと思ってます。ラスト1枠はなんでもいいと思いますが、自分がやどりぎを使うのが下手なのと後述のたたりめゲンガーとの相性も兼ねてでんじは。ナットレイが流行っていたせいか炎技を持ったガルーラが多かったのが逆風でした。ほのパン持ちはまだ接触してくれるのでいいのですが大文字持ちは○んでくれって思いながら戦ってました。

ファイアロー:フェアリー受け兼お掃除役。こいつも調整は違う人のブログから借りてきたもの。そこそこ火力もあって、そこそこ耐久もあったので使いやすかったです。ちょうはつは色々なポケモンを詰ませることができるのでよかったです。

ポリゴン2:特殊受け。今シーズン1番頼りにしてたポケモン。調整はガブのげきりんを2回耐えるくらいBに振って、あまりをDに振ったもの。でんじはじゃなくてほうでんなのはギャラとアローがパーティで重かったのと挑発で止まらずにダメージを与えられるでんじはって考えたら強いと思ったから。対ボルトロス、ゲンガー、ウルガモスゲッコウガなどかゆいところに手が届くのがよかったです。自覚もなかなかあってウルガモスに接触すると必ずほのおのからだをひいたり、マヒ状態でも全然マヒらずに動く神ポケモンでした。

ゲンガー:2体目のメガシンカポケモンチルタリスはメガ1構築にするにはちょっとパワーがたりないと思うのでいつも大体もう一匹メガポケモンを入れてます。ゲンガーはメガポケモンの中ではチルタリスと1番相性が良いと思います。調整はよくあるHSおにびたたりめのやつ。両メガ選出しても活躍できるのが強かったです。

スイクン:ナットレイにゴツメを取られてたのでめいそうねむカゴ。調整はよくわからないです。この記事を書くときに努力値を確認して自分でびっくりしてました。Cを削ってBに回したほうが強いと思います。技構成は途中までほえるの枠をれいとうビームで使ってましたが、最終日に害悪対策も兼ねてほえるに変えました。みがわりをもったメガギャラなどにささったのでよかったと思います。この枠は普通の物理受けゴツメスイクンのほうがよかった気がする、その場合はナットレイに食べ残しをもたせる感じになりそうです。こんな努力値でも普通に活躍してたのはさすがって感じでした。



反省としてはただでさえ久しぶりのレートなのに普段使わない特殊チルタリスを入れたのが失敗だと思いました。動かし方が最後までわからなかったので使い慣れた物理型にするべきでした。あと相手の鋼枠がとてもきつかった印象です。ファイアローに炎技を持たせるか地面タイプのポケモンを入れるべきでした。順位はでないけどレートはまだ反映されるみたいなのでまた時々潜りたいと思います。
f:id:ganguro0130:20160913224633j:plain
いつもの